老人保健施設みぬま

ココロン
トップ > 施設利用のご案内 -入所・ショートステイ -みぬま療養棟の特徴

入所・ショートステイ-みぬま療養棟の特徴

川口市で一番最初に開設した老健

介護保険開始と同時に開設し、2019年度に20周年を迎えました。認知症ケア、在宅支援、看取り、社会貢献事業など、20年間にたくさんの経験を積み重ねてきている老健です。

差額ベッド代ないし特別な室料をとらない

「いのちの平等」という民医連方針のもと、本館では利用者様の状態により個室利用の必要性が生じても、個室利用料はかかりません。(新棟は全室個室のため、個室料を頂いています。)

無低診を行っている

無料低額診療事業を行っています。「いのちの平等」の方針のもと、生活に困る状態であっても必要な介護を受けられるよう、様々な制度の申請の補助や同行も行っています。まずはご相談下さい。

超在宅強化型老健

2013年より在宅強化型、2018年より超強化型老健となっています。「ご自宅へ戻りたい」という利用者様、ご家族の思いを支援し、リハビリを行ない、ご自宅へ戻るまでの道筋を相談しながら整えていきます。

協同病院との連携

埼玉協同病院の隣にあり、受診や普段の診察の中で、協同病院との連携を行なっています。内科・外科・婦人科・精神科・整形外科など、たくさんの医師が来て、利用者様の体調を総合的に診ています。

面会がしやすい

面会時間が、朝の9:00~20:00と長いため、お仕事後に立ち寄られるご家族もたくさんいらっしゃいます。ご家族の面会は、利用者様にとって大きな励みとなり、職員にとってもうれしいことです。是非こまめにいらっしゃってください。

看取りの実施

繰り返しみぬまを利用されている方を中心に、看取りを行っています。
2019年度は、18件の看取りを行ないました。利用者様、ご家族様の気持ちを確認しつつ、外出を行なったり、好きな物を召し上がって頂いたり、よりよい時間を過ごせるように支援をしています。

介護者教室

介護者教室を実施し、ご家族に介護について学習していただいたり、他の利用者家族と交流をもっていただいたりしています。今まで、オムツ交換・移乗・食事作り・看取りなど、多岐にわたる内容について実施しています。

地域とのつながり

社会貢献事業として、オレンジカフェ、エコ石鹸作り、買い物支援バスの運行、こども食堂(準備中)など、様々な活動を行なっています。老健の中での活動にとどまらず、医療生協として、地域の皆様とともに、よりよい地域づくりを行っていきたいと考えております。

老人保健施設みぬま

〒333-0831
埼玉県川口市木曽呂1347

048-294-9222

FAX:048-294-8789

ページのトップへ戻る