老人保健施設みぬま

ココロン
トップ > みぬまの概要 -みぬまのケアの特徴

みぬまのケアの特徴

生協10の基本ケアの取り組み

当施設では、「生協10 の基本ケア」を実践する事で、利用者に「普通の生活」を取り戻してほしいと考えています。
必要な方に10 の基本ケアを提供させていただく事により、高齢者を寝たきりにしない、させない介護へとつながり、生きる意欲を引き出すことを目指しています。

生協10の基本ケアとは

「尊厳を護る・重度化防止・自立・在宅支援」を目標に、厚生労働省も認めた基本ケアを指します。

換気をする
床に足をつけて座る
トイレに座る
あたたかい食事をする
家庭浴に入る
座って会話する
町内におでかけをする
夢中になれることをする
ケア会議をする
ターミナルケアをする

一部ご紹介

1)正しい姿勢の食事で、食べこぼしがなくなり、「自分で食べる」を継続
食事前にうがい、お口の体操をしてもらい、車いすからイスへ座り替え、正しい座る姿勢を取ることで、こぼさず、「自分の力で食べる」ことが長くできるようになります。
この方はそうした取り組みにより、エプロンも外し、食事量も増えました。
食事姿勢の変化(横)
食事姿勢の変化(横)
食事姿勢の変化(正面)
食事姿勢の変化(正面)
2)10の基本ケアの基本体操により、移動も座り替えもスムーズに
みぬまで行っているベッド柵を使わない起き上がり方法の取得、おじぎ体操、お尻上げ体操、テーブルに手をつきながら車いすからイスへ座り替えるなど、総合的に訓練することで、この方は、一人で座り替えできるようになり、筋力もアップしています。
片足立ちが取れる時間も12秒から30秒まで伸びてバランスが取れるようになり、ベッドから離れる生活が2時間以上できるようになりました。
三角移乗
三角移乗
3)日常を生きがいのあるものに
10の基本ケアでは、その人らしくを大切にした取り組みも行っています。作業療法士、介護職らで「夢中になれることをする」ことを模索しています。
この方は、役割活動を通じて、新聞のホチキス止めをしながら袋を作成し、難易度の高い絵手紙にも挑戦し、家族に送ることができて、とても喜ばれていました。
絵手紙
絵手紙
4)多様な病気を持つ方の受け入れ
みぬまでは、できるだけ断らない努力をしています。お看取りも行っています。 以下の方でもお受けできる場合がありますので、ご相談ください。
  • 皮下点滴以外の医療用麻薬を使用している癌末期の方(緩和ケア病棟への申し込みができている方に限ります)
  • ワーファリン内服している方
  • 人工肛門増設、簡易な褥瘡処置
  • 在宅酸素を使用している方(最大1か月の入所可能。基本ショートでの受け入れ。)
  • インスリン注射を実施している方(血糖チェックがなければ長期入所も可能)
  • 胃ろうを行っている方のご家族の介護負担軽減のための受け入れ  など
みぬまでは、全介助の方には、最新のエアマットを使用しています。利用者の持ち込みや料金負担はありません。
施設看取り

日常的なケアの特徴

当施設では、「生協10の基本ケア」以外にも、さまざまな活動を行っています。

口腔ケアの充実で誤嚥性肺炎の発生を防止

みぬまでは、定期的に歯科医師・歯科衛生士と提携して口腔ケアの技術向上を行い、技術チェックリストに沿って、職員全員の技術チェックを行っています。そのため、誤嚥性肺炎の入所者の入院は、毎年一けた以内の実績があります。昨年度から、「完全側臥位法」を取り入れ、さらに誤嚥の再発防止に取り組んでいます。

施設看取り

フットケアで、「歩ける足」へ

みぬまでは、約半数以上の看護師がフットケアの研修を受け、入所・通所リハビリ利用者の足の爪のケアを定期的に行っています。爪肥厚、足白癬、深爪のケアも実施しています。「痛みなく歩けるようになった」「リハビリが進むようになった」「わざわざ皮膚科に行かずに済んだ」などの声が寄せられています。

フットケア

老人保健施設みぬま

〒333-0831
埼玉県川口市木曽呂1347

048-294-9222

FAX:048-294-8789

ページのトップへ戻る