みぬま
文字の大きさ  − +
 

お知らせ

介護浴槽の導入について

介護浴槽の導入について 介護浴槽

介護浴槽とは

介護をするうえで欠かせないケアのひとつが、入浴介助。体をきれいに保つということは、人として最低限の欲求であり、尊厳の維持にもつながります。また、体の清潔が保たれないと、皮膚の病気や尿路感染症などを発症する原因にもなります。そのため高齢者の心身の健康に入浴は欠かせません。
歩行や座位を取ることが不自由な利用者に対し、浴槽へ入る動作が困難な場合でも特殊な浴槽を使用して入浴の介助を行うことでお湯に浸かることができます。
身体を清潔にするだけならシャワーでもすみますが、浴槽につかることには、全身をあたためてほぐし、気持ちをリラックスさせるという大きなメリットがあります。
また、お湯の中で浮力が働くことによって、関節など痛みから動かすことができなかった部分でも動かしやすくなります。すると、少ない負担で運動をすることが可能です。

詳細はこちら(PDF)

介護浴槽導入にあたり職場定着支援助成金を活用!

魅力ある職場づくりのために労働環境の向上等を図る事業主や事業協同組合等に対して助成するものであり、魅力ある雇用創出を図ることにより、人材の確保・定着を目的としています。介護福祉機器の導入などを通じて介護労働者の離職率の低下に取り組む事業主に対して助成するものです。
本制度を活用し、入浴介助における職員の身体的負担の軽減についてアンケート調査し、ハローワークに報告を行います。

ページの先頭へ
介護老人保健施設みぬま 〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1347 TEL:048-294-9222 FAX:048-294-8789
Copyright (C) 介護老人保健施設みぬま All Rights Reserved.