みぬま
文字の大きさ  − +
 

イベント食

イベント食を行っています

 みぬまの食養科では、年間を通し、イベント食を行っています。

10月11日 体育の日行事食を提供しました。

体育の日行事食 体育の日行事食
  • かおりおにぎり
  • 豚肉しょうが焼き
  • ほうれん草マヨネーズ焼き
  • かぶとトマトの甘酢
  • スープ
  おやつ
  • モンブランプリン

 10月11日は体育の日行事食を実施しました。
主菜はスタミナのつく豚肉しょうが焼きです。
酵素に漬け込むことで、大きめサイズの肉でも箸でも切れるくらいの柔らかさにしました。
温菜・ほうれん草マヨネーズ焼きはマヨネーズでコクのある味に炒め、冷菜・かぶとトマトの甘酢は彩り鮮やかにさっぱりと味に仕上げました。
ごはんは青じそ香るおにぎりにしました。

モンブランプリン

おやつはモンブランプリンです。
カスタードプリンを土台にマロンペーストを絞りました。

今回は体育の日ということで献立内容は「お弁当みたいなメニュー」をテーマに決めました。
しょうが焼きは柔らかく食べやすいと好評でした。
かおりおにぎりも食べやすく、みなさま普段よりよく召し上がっていたかと思います。
おやつのモンブランプリンはやさしい味わいで特に女性陣から大好評でした。
寒い日が多くなってまいりましたが、運動の秋ということでみなさまも体を動かして健康な生活を送っていきましょう。

〜利用者様からのお声〜

  • しょうが焼きが軟らかくてとても食べやすかった。
  • モンブランがとてもおいしかった。
ページの先頭へ

秋のおやつバイキングを実施しました!

秋のおやつバイキング

 9月の26〜28日の3日間、10月の6・7日の5日間にかけて2階、3階、通所にておやつバイキングイベントを実施しました。

4種類のおやつ

この4種類のおやつの中からお好きな2品を選んで召し上がっていただきました。
皆様に同じものを召し上がっていただきたいとの思いから、どの食形態の方でも安全に食べられる物性に仕上げています。

一番人気はやはり秋だからか、柿ようかんでした。
利用者の皆様はどれにするか悩みながらも楽しんでおられました。
バイキングやフロア食イベントなどなど、利用者様ご自身がもっと参加できるような食イベントを増やしていきたいですね。

ページの先頭へ

9月22日  おはぎおやつを提供しました

22日秋分の日のおやつはおはぎの提供でした。
あんこの原料となる小豆には邪気を払う力があると考えられておりそれがお彼岸の時期に食べられるようになった由来だそうです。

おはぎおやつ おはぎおやつ

通所は棒状に成形しカットした形で提供しました。
もち米は飲み込み難度が高く使えないので、ご飯を柔らかく炊いて代用しました。

おはぎおやつ

療養棟では食べやすさと安全性に配慮しゼリー状での提供になりました。
おはぎのようなおやつは利用者様から提供を希望する声も多いです。
しかし餅系のものは飲み込みのリスクが高くとても危険。

なんとか利用者様に安全にお出しできないかと考え、リハビリ、ST、介護スタッフの協力のもと施策と評価を繰り返し行い、当日の提供にこぎつけました。
その甲斐もあり利用者様からはおいしかった、またこういったおやつを出して欲しいといったお声を頂きました。
来年もまた提供したいと思います。



ページの先頭へ

9月19日  敬老の日行事食を提供しました

敬老の日行事食 敬老の日行事食
  • ごはん
  • 煮込みハンバーグ
  • なす田楽
  • トマトとみょうがのサラダ
  • わかめスープ
  おやつ
  • かぼちゃムース

 9月19日は敬老の日行事食を実施しました。
主菜の煮込みハンバーグは軟らかくふっくらとした食感になるように仕上げ旬のきのこを使ったソースをかけました。
なす田楽は普段お出ししているなす料理と違った見た目と盛り付けにこだわり、味噌は利用者様の好みに合わせ甘めに仕上げました。
ハンバーグ、田楽と濃厚な料理が続くので冷菜トマトとみょうがのサラダはさっぱりとした味付けにしてあります。

おやつのかぼちゃムースは旬のかぼちゃを使用。
デコレーションのホイップクリームは抹茶で緑色にし、かぼちゃの皮の色を表現しました。

今回は秋の食材を多く使い、普段お昼になかなかお出しできてない料理の提供をめざしました。
普段と違った見た目や内容に利用者様も楽しまれたのではないでしょうか。

先月からは昼献立に揚げ物を入れたり、これまで昼食にあまりお出しできていなかった料理の提供に取り組んでいます。どうぞご期待ください。

〜利用者様からのお声〜・

  • ハンバーグよく煮込まれていておいしい。
  • なす田楽がおいしかった。毎日でも食べたいくらい。

ページの先頭へ

8月 フルーツポンチ

フルーツポンチ

 8月23,24日と療養棟にてフルーツポンチおやつを提供しました。
23日のほうは2階フロア夏祭り行事とのコラボレーション実施となりました。
スイカの器に各種フルーツを入れ、利用者様の前でサイダーを入れ仕上げ各食事テーブルを回りながら器に盛り付けお配りしました。

刻み形態の方にはスイカに見立てたアセロラゼリーに黄桃、洋梨のゼリーをのせ、仕上げにスイカ風味のとろみサイダーをかけました。
炭酸のシュワシュワ感が夏らしいおやつになったかと思います。



ページの先頭へ

8月15日 平和祈念行事食

平和祈念行事食 平和祈念行事食
  • 太刀魚柚子こしょう焼き
  • オクラと春雨の和え物
  • 煮物
  • とろろ汁
  おやつ
  • マンゴームース

 8月15日は医療生協さいたま4院所2老健では「平和祈念」の統一テーマのもと広島や長崎にちなんだ食材を使った料理を提供しました。
主菜にはこの時期広島や長崎でよく捕れる太刀魚を使い、おやつには沖縄にちなんでマンゴームースにしました。
あの悲惨な戦争が終わってから70年以上の月日が経ちました。
医療生協さいたま食養科はこれからも食を通じて平和の大切さを訴えていこうと思います。



ページの先頭へ

7月 ミックスジュース&パフェ作り

ミックスジュース&パフェ作り パフェ

 フロア実施イベントとしておやつの時間に通所や療養棟フロアにてミックスジュース、和風パフェイベントイベントを実施しました。

ミックスジュースイベントは牛乳ベースに黄桃やバナナといったフルーツを加える大阪式ミックスジュースを利用者様の目の前で作って提供しようという企画でした。
出来立てのジュースという普段あまりない感じのおやつでしたが、お代わりをされる方もいらっしゃり好評でした。

和風パフェイベントは豆乳と抹茶の2色ゼリーにホイップクリームやあんこ、果物ゼリーなどを利用者様自身にトッピングを行ってもらい楽しんでもらおうという企画です。
みなさま思い思いのトッピングを行い楽しんでおられました。



ページの先頭へ

7月7日 七夕行事食

七夕行事食 七夕行事食
  • うどん
  • てんぷら
    〜エビ キス ナス〜
  • 冬瓜とホタテの煮物
  • ほうれん草の生姜和え
  • フルーツポンチ
  おやつ
  • ココナッツのパンナコッタ

 七夕献立では天の川に見立てた麺とてんぷらという組み合わせでした。
両方とも人気の高い献立なので利用者様も喜んで召し上がっておられました。



ページの先頭へ

6月17日 父の日行事食

父の日行事食 父の日行事食
  • 麦ごはん
  • さばのネギみそ焼き
  • ナスのそぼろ煮
  • とろろ
  • 清まし汁
  おやつ
  • 白ごまプリン

 父の日行事食ではスタミナ増進・夏バテ予防をテーマに麦ごはんや山芋、サバといった滋養強壮のある食材を使いました。
麦飯とろろは好評で普段ももっと出してほしいとのお声をいただきました。



ページの先頭へ

5月9日 母の日行事食

母の日行事食 母の日行事食
  • ごはん
  • 鶏のおろし焼き
  • ブロッコリーの中華あんかけ
  • 黄身酢和え
  • とろろこんぶの清まし汁
  おやつ
  • 2色ようかん

 母の日献立では主菜に鶏肉を、温菜冷菜に卵を使うことで"親子"を表現しました。
卵という食材も黄身と白身に分けて使うことでひと味違った料理ができることに利用者様・職員も感心しておられました。



ページの先頭へ

4月5日 お花見行事食

お花見行事食 お花見行事食
  • たけのこごはん
  • 赤魚の桜蒸し
  • 炊き合わせ
  • うぐいす豆腐
  • 清まし汁
  おやつ
  • 桜ようかん

 春をテーマに桜やウグイス豆、たけのこといった旬の食材を使い淡い色合いに仕上げました。



ページの先頭へ

3月11日  東北復興支援統一献立を提供しました!

東北復興支援統一献立 東北復興支援統一献立
  • ごはん
  • 鮭の南部焼き
  • 里芋のコンソメ煮
      桜えびのソースかけ
  • 菜の花の辛し和え
  • ザクザク汁
  おやつ
  • いちごムース

 2011年3月11日、東北地方を襲った東日本大震災。
多くの犠牲者を出した未曾有の震災からちょうど5年をむかえました。
医療生協さいたまでは東北復興支援をテーマとして2老健4院所にて「東北復興支援統一献立」を提供しました。

主菜の鮭の南部焼きはごまを使った郷土料理です。
南部地方(現在の岩手・青森にまたがる地方)がごまの名産地であることからごまを使った料理にこの名前がついたといわれています。

東北の代表的な食材である里芋はコンソメで煮て桜えびのソースをかけました。
冷菜は今が旬の菜の花は辛し和えにしました。
それぞれ、春の息吹を思いにこめました。

ザクザク汁はこちらも東北の郷土料理になります。
さつま揚げとお好きな野菜をザクザク切って汁に入れることからこの名がついたといわれています。

おやつは春の果物のいちごのムースです。
ムースは口当たりを軽く仕上げ、いちごソースとホイップクリームをかけました。

〜利用者様からのお声〜

  • 鮭の南部焼きがコクがあっておいしかった。
  • 里芋の煮物も桜えびの香りが良くて箸が進んだ。

医療生協さいたまは震災発生直後から様々な支援活動に取り組んでいます。
食養科調理師も現地の病院へ飛び調理支援を行ってきました。
あの災害から5年の月日が流れていますが被災者の心の傷や原発問題など、まだまだ問題が山積しています。
今回の食を通じて、利用者様やご家族様、職員ひとりひとりが東北の今、そしてこれからについて、あらためて思いをはせる契機になっていれば幸いです。



ページの先頭へ

3月3日  ひな祭り行事食を提供しました!

ひな祭り行事食 ひな祭り行事食
  • ちらし寿司
  • さわらの西京焼き
  • カブのかにあんかけ
  • フルーツポンチ
  • はまぐり汁
  おやつ
  • 春の抹茶ゼリー

 3月3日、節分行事食を実施しました。
主食は定番の散らし寿司になります。由来は諸説ありますが、『様々な具材の織り成す鮮やかな彩りが春を感じさせる』ため、ひな祭りの定番の一品になったという説もあるそうですよ。
 主菜は春の魚さわらの西京焼きになります。
西京味噌に漬け込まれしっとり軟らかく仕上がっています。
 カブの煮物はかにあんをかけグリンピースを散らしました。
はまぐり汁は貝のうま味がでています。

 おやつは抹茶ゼリーになります。
ゼリー部分の緑、白あんソースの白、桜ようかんの赤と菱餅の3色をとりいれてみました。

 今回は春らしく彩りよく可愛くなるように気をつけました。
暖かい日も徐々に増え、桜の咲き乱れる日も近づいてきました。
明るく華やかな気持ちで元気に日々を過ごしていきたいですね。

〜利用者様からのお声〜・

  • ちらし寿司が食べれて嬉しい。
  • はまぐりの汁がおいしかった。
  • おやつがかわいらしかった。


ページの先頭へ

2月3日  節分行事食を提供しました!

節分行事食 節分行事食
  • 炊き込みご飯
  • さばのみりん干し
  • 煮合わせ
  • 春菊と大豆の和え物
  • 清まし汁
  おやつ
  • きなこミルクゼリー
    〜黒蜜かけ〜

 2月3日に節分行事食を実施しました。

主菜はさばのみりん干しです。節分といえば鰯を使うのが一般的ですが小骨が多く食べづらいので、同じ青魚のさばを使いました。
普段とは違った味付けでしっとり軟らかく仕上げました。
副菜の煮合わせは2月の花である梅型の生麩を使い季節感と高級感を演出しています。
そして節分といえば豆です。こちらは春菊との和え物にしました。
主食は人気の炊き込みご飯を提供しました。

おやつはきなこミルクゼリー
きなこと黒蜜という鉄板の組み合わせはとても好評でした。

季節の変わり目に邪気をはらって幸多き年にするという節分行事、江戸時代以降から主に立春の前日を指すようになったといわれています。
その立春は過ぎましたが、まだまだ寒い日が続いています。
皆様も体調にはお気をつけくださいね。

〜利用者様からのお声〜・

  • さばが脂がのっていてとても美味しかった。
  • きなこミルクゼリーが美味しかった。


ページの先頭へ
介護老人保健施設みぬま 〒333-0831 埼玉県川口市木曽呂1347 TEL:048-294-9222 FAX:048-294-8789
Copyright (C) 介護老人保健施設みぬま All Rights Reserved.